• ホーム
  • ハートガードプラスでフィラリア予防!その効果とは?

ハートガードプラスでフィラリア予防!その効果とは?

犬と猫

ハートガードプラスは、フィラリアの予防薬の1つであり、海外ではハートガードプラスという名前で販売されてはいますが、日本国内ではカルドメックという別の商品名で販売されているので、いずれも同じ内容の商品であることを認識しておくようにしましょう。

老舗のメーカーが開発しているだけあり、ハートガードプラスはフィラリアの予防に非常に高い効果を発揮します。犬糸状虫の寄生を100%予防することはもちろんのこと、この商品の効果の特徴として、消化管内線虫の駆除にも効果を発揮するのです。ハートガードプラスをしようするだけで、フィラリアのみならず線虫の駆除までも同時に行うことができるため、一石二鳥の商品になっています。

ハートガードプラスはビーフ味のおやつタイプの治療薬であるため、錠剤などの薬が苦手でなかなか飲みたがらないような飼い犬にも比較的簡単に使用することができ、飼い主も服薬させる手間を軽減することができます。薬自体を嫌っているような犬は、薬を飲むことによってストレスを感じてしまうこともあるため、そのような場合はハートガードのようなおやつのタイプの治療薬を選択することで、ストレスを軽減することができるでしょう。

用法、用量としては、蚊の発生する時期の1か月後をめどに使用を始めて、蚊がいなくなる時期の1か月後までの間、使用を続けることが推奨されています。また、服用の間隔としては、毎月1回の使用が勧められているので、間隔を空けすぎないように注意して正しい用法、用量での使用を心がけましょう。

実際に使用予定のペットの体重に応じてそれぞれ対応する量の薬剤が含まれたチュアブルが販売されているため、購入する際には事前にペットの体重を測定して、対応する商品を正しく購入することをお勧めします。体重に比べて薬剤の量が少なすぎるとハートガードプラスの効果が十分に得られない可能性がありますし、反対に体重に比べて過剰量のハートガードプラスを与えてしまうと、薬の副作用が出てしまうリスクが高まってしまいますので、注意が必要です。

1パックには6個の薬剤が入っているため、ちょうど1年で蚊が増える時期に対応して1シーズン使用することができますので、毎年忘れずに使用するようにしましょう。インターネットで注文をすると割引が効く店舗もあるので、いくつか販売店を調べてみて、キャンペーンなどを実施している店を探すこともおすすめです。

関連記事
フィラリアやダニはオールインワン治療薬でまとめて対策できる? 2019年09月11日

フィラリアやダニなどの感染は、オールインワンの治療薬を使うことによってまとめて対策ができてしまうということをご存知でしょうか。犬の健康を脅かす日常に潜む寄生虫は多岐にわたっており、蚊が媒介するフィラリア症に加えて、布団などにひそんでいるノミやマダニ、そして犬のお腹の中に潜伏する線虫など、様々な種類が...

フィラリア予防薬のストロングハートを使うメリット・デメリット 2019年09月29日

ストロングハートは、フィラリアの予防薬の1つであり、その有効成分としてイベルメクチン及びパモ酸ピランテルという成分を含んでいます。イベルメクチンは犬糸状虫の幼虫に作用する成分である一方で、パモ酸ピランテルは消化管内の線虫に作用する成分です。そのため、ストロングハートを使用するメリットの1つとして、フ...

フィラリア予防薬を飲ませ忘れた!これって大丈夫なの? 2019年08月24日

フィラリアの予防薬は、一般的に蚊が現れる時期から1カ月以内に飲み始めて、その後1カ月に1回の服用を繰り返し、蚊のシーズンが終わってから1か月後まで続けるべきとされています。そのことにより、フィラリアの寄生を予防し、また、万が一寄生した場合でも体内でフィラリアが成虫へと成長する前に駆除することが可能で...

フィラリア予防薬のレボリューションの特徴は? 2019年08月05日

レボリューションはフィラリアの予防薬の1つです。レボリューションは1mL中に主成分であるセラメクチンという有効成分を120mg含有しており、このセラメクチンという成分が犬におけるフィラリアの寄生予防や、ノミの成虫の駆除及び寄生予防、さらにはミミヒゼンダニの駆除に対して効果を発揮することが知られていま...