• ホーム
  • フィラリアやダニはオールインワン治療薬でまとめて対策できる?

フィラリアやダニはオールインワン治療薬でまとめて対策できる?

白い犬

フィラリアやダニなどの感染は、オールインワンの治療薬を使うことによってまとめて対策ができてしまうということをご存知でしょうか。犬の健康を脅かす日常に潜む寄生虫は多岐にわたっており、蚊が媒介するフィラリア症に加えて、布団などにひそんでいるノミやマダニ、そして犬のお腹の中に潜伏する線虫など、様々な種類が存在します。

そして、それぞれの寄生虫や感染症に対して対応する治療薬や予防薬が販売されてはいるのですが、全ての寄生虫について対策しようとすると、たくさんの治療薬を同時並行で使用する必要があるのです。治療薬はそれほど安価なものではありませんし、すべてそろえるとなると出費もかさみますし、薬を嫌がるペットの場合は毎回服用させるだけでも一苦労ですね。そのような悩みを解決することができるのが、オールインワンの治療薬の特徴なのです。

オールインワンの商品を使用すると、愛犬の身の回りに潜む様々な寄生虫への感染予防が同時にできてしまうため、特に犬を飼い始めて間もない初心者の方や、どの治療薬を使用するか悩んでいるという方にはお勧めです。

それでは、オールインワンの商品は具体的にはどのように使用すればよいのでしょうか。オールインワンの治療薬は、一般的なフィラリアの治療薬と同様に、1カ月に1回の使用が推奨されています。そして、1回服用するとおよそ1カ月の間は効果を持続することができます。1回の使用量はそれぞれの犬の重さに応じて商品を使い分ける必要があるため、あらかじめ体重を確認してから適切なものを購入するようにしましょう。

そして、オールインワン治療薬の服用時期は、基本的にはシーズンが特に決まっているものではなく、1年間継続して服用を続けることが大事です。フィラリアやマダニなどの寄生虫は発生が増える期間が決まっており、特に5月頃から11月頃がシーズンと言われていますが、ノミやお腹に潜伏する寄生虫の発生期間は1年中であるため、オールインワンの商品で全ての寄生虫の感染を防ぐためには1年を通して使用する必要があります。

個別にそれぞれの寄生虫に対する薬を使用する場合には、それぞれ服用する時期を忘れないように気を付ける必要があるのですが、オールインワンのものを使う場合には、通年使い続けるだけでよいので、忘れやすい人に対して非常に使いやすく便利な商品です。色々な薬があって迷っているという方は一度検討してみるのはいかがでしょうか。

関連記事
フィラリア予防薬のストロングハートを使うメリット・デメリット 2019年09月29日

ストロングハートは、フィラリアの予防薬の1つであり、その有効成分としてイベルメクチン及びパモ酸ピランテルという成分を含んでいます。イベルメクチンは犬糸状虫の幼虫に作用する成分である一方で、パモ酸ピランテルは消化管内の線虫に作用する成分です。そのため、ストロングハートを使用するメリットの1つとして、フ...

フィラリア予防薬を飲ませ忘れた!これって大丈夫なの? 2019年08月24日

フィラリアの予防薬は、一般的に蚊が現れる時期から1カ月以内に飲み始めて、その後1カ月に1回の服用を繰り返し、蚊のシーズンが終わってから1か月後まで続けるべきとされています。そのことにより、フィラリアの寄生を予防し、また、万が一寄生した場合でも体内でフィラリアが成虫へと成長する前に駆除することが可能で...

フィラリア予防薬のレボリューションの特徴は? 2019年08月05日

レボリューションはフィラリアの予防薬の1つです。レボリューションは1mL中に主成分であるセラメクチンという有効成分を120mg含有しており、このセラメクチンという成分が犬におけるフィラリアの寄生予防や、ノミの成虫の駆除及び寄生予防、さらにはミミヒゼンダニの駆除に対して効果を発揮することが知られていま...

ハートガードプラスでフィラリア予防!その効果とは? 2019年07月22日

ハートガードプラスは、フィラリアの予防薬の1つであり、海外ではハートガードプラスという名前で販売されてはいますが、日本国内ではカルドメックという別の商品名で販売されているので、いずれも同じ内容の商品であることを認識しておくようにしましょう。老舗のメーカーが開発しているだけあり、ハートガードプラスはフ...