• ホーム
  • フィラリア予防薬を飲ませ忘れた!これって大丈夫なの?

フィラリア予防薬を飲ませ忘れた!これって大丈夫なの?

猫を見る医者

フィラリアの予防薬は、一般的に蚊が現れる時期から1カ月以内に飲み始めて、その後1カ月に1回の服用を繰り返し、蚊のシーズンが終わってから1か月後まで続けるべきとされています。そのことにより、フィラリアの寄生を予防し、また、万が一寄生した場合でも体内でフィラリアが成虫へと成長する前に駆除することが可能です。

しかし、中には蚊のシーズンが始まっていたが予防薬の使用を始めるのをうっかり忘れてしまったという人や、使用を始めたものの、毎月1回の服用が面倒になってしまい、途中で使用するのを忘れてしまったという人もいるかと思います。では、そのような飲み忘れの場合には、飼い犬は大丈夫なのでしょうか。

まず、一般的な予防薬の効果の持続期間は1カ月程度と言われているため、間隔が1カ月以上空いてしまった場合は少なからずフィラリアへの感染の可能性があります。ただ、もしフィラリアに感染していたとしても、幼虫が成長して成虫になり、血管や心臓に侵入して臓器障害などの症状を引き起こすまでは数カ月かかるため、すぐには目立った症状が現れないことが多いです。そのため、感染の可能性はあるものの、症状からは判断できない状態であると言えるでしょう。

そこで、薬の飲み忘れに気が付いた場合には、気が付いた時点で1回分の用量の薬を服用させるようにするべきです。このことにより、もしも飼い犬がフィラリアに感染していた場合でも感染後の幼虫の駆除効果を期待できます。

この時に注意すべき点は、必ず服用する薬の量は1回分にとどめるということです。飲み忘れた分、少し多めに与えた方が良いのではないかと考える方もいるかもしれませんが、あくまで用量はメーカーの推奨量を守ることが大事であり、過剰量を投与すると思わぬ副作用を招いてしまう可能性もあるのです。

また、飲み忘れに気が付いたのが前回の服薬後から2カ月以上経っていた場合は、感染のリスクに特に注意するべきです。2カ月経ってしまうと、フィラリアの幼虫が成虫まで成長する期間が確保されてしまうため、例えば前回の服薬後にすぐに感染していた場合、すでに症状が出る一歩手前までフィラリアが成長してしまっている可能性があります。

そのため、飲み忘れに気が付いたときにかなり間隔があいてしまっている場合は、念のためかかりつけの動物病院を受診してフィラリア感染の有無を検査してみてもらう方が良いでしょう。もし感染している場合は速やかな治療が必要です。

関連記事
狂犬病予防接種は飼い主の義務!いつからやる?費用は? 2019年11月16日

狂犬病は、発症するとその致死率が100%という非常に恐ろしい感染症です。そして、狂犬病は犬だけでなく、人間を含めた全ての哺乳類に感染する可能性がある共通の感染症であるため、飼い主は飼い犬に予防接種を必ず受けさせなければなりません。犬に対して推奨されているワクチンのなかには、すべての犬に対して義務づけ...

フィラリアやダニはオールインワン治療薬でまとめて対策できる? 2019年09月11日

フィラリアやダニなどの感染は、オールインワンの治療薬を使うことによってまとめて対策ができてしまうということをご存知でしょうか。犬の健康を脅かす日常に潜む寄生虫は多岐にわたっており、蚊が媒介するフィラリア症に加えて、布団などにひそんでいるノミやマダニ、そして犬のお腹の中に潜伏する線虫など、様々な種類が...

ペットとキスして病気がうつる場合もある!? 2019年10月18日

大事に可愛がっているペットはとてもいとおしいものであり、時にはペットとキスしてしまうという飼い主も多いことと思います。しかし、ペットと頻繁にキスをしていると病気をうつされてしまう危険性があるという事実をご存知でしょうか。あくまで人と動物は別の生き物であるので、キスすることによって様々な危険性があるこ...

フィラリア予防薬のストロングハートを使うメリット・デメリット 2019年09月29日

ストロングハートは、フィラリアの予防薬の1つであり、その有効成分としてイベルメクチン及びパモ酸ピランテルという成分を含んでいます。イベルメクチンは犬糸状虫の幼虫に作用する成分である一方で、パモ酸ピランテルは消化管内の線虫に作用する成分です。そのため、ストロングハートを使用するメリットの1つとして、フ...

フィラリア予防薬のレボリューションの特徴は? 2019年08月05日

レボリューションはフィラリアの予防薬の1つです。レボリューションは1mL中に主成分であるセラメクチンという有効成分を120mg含有しており、このセラメクチンという成分が犬におけるフィラリアの寄生予防や、ノミの成虫の駆除及び寄生予防、さらにはミミヒゼンダニの駆除に対して効果を発揮することが知られていま...