• ホーム
  • ペットとキスして病気がうつる場合もある!?

ペットとキスして病気がうつる場合もある!?

大事に可愛がっているペットはとてもいとおしいものであり、時にはペットとキスしてしまうという飼い主も多いことと思います。しかし、ペットと頻繁にキスをしていると病気をうつされてしまう危険性があるという事実をご存知でしょうか。

あくまで人と動物は別の生き物であるので、キスすることによって様々な危険性があることをしっかりと理解した上で飼育するように心がけるべきです。気を付けないと、大切にしていたペットが原因で、自分自身が病気にかかってしまい、最悪の場合死に至る場合もあるのです。

人間の口の中には一般的におおむね400種類から400種類程度の細菌が含まれており、動物の口の中にも例えば犬ではおよそ400種類、ネコでは200種類近くの細菌が特定されています。ただし、これらの数はあくまでも今現在に明らかになっている細菌のみを合計したものであって、今後さらに口腔内の研究が進められていくことによって、この数はより多くなることが予想されているのです。

一見、この数字だけをみてみると人間も犬やネコと同様の細菌を持っているように感じる人もいるかと思いますが、実は人間と犬で比べてみると、同じ種類の細菌はおよそ15%程度しかいません。人間がもともと保持しているような細菌であれば、感染した場合にそれに対抗する免疫が備わっていることが多いですが、犬に存在して人間には存在しないような種類の細菌が人間にもし感染すると、もともと免疫を持っていない人間はその細菌により病気になってしまうことがあるのです。

研究結果によると、例えば飼い主が飼い犬に1回なめられると、人間には一般に存在しない細菌が数百万個も1度に付着する可能性があるという報告があります。さらに、それらの付着した菌は一度ついてしまうと数時間たった後でも皮膚から検出されるという驚きの結果が出ているのです。この報告からも、ペットになめられたり、キスされたりすることがいかに危険なことであるかがわかるかと思います。

このように、飼い犬や飼い猫がどれほど可愛くても過剰なスキンシップは時に深刻な病気を引き起こすこともあるため、注意するべきです。もしペットになめられたり、ペットとキスをした場合には、かならずその後に手洗いやうがいを徹底するようにして、ペットの菌が体についたままにならないように気を付けましょう。また、同じ皿を使った食事や口移しでのえさやりなども避けるべきです。

関連記事
気を付けたい犬の熱中症対策について 2020年01月29日

犬も人間と同様に体温が上がりすぎると熱中症の症状を引き起こすことがあります。そして、重症の場合は死に至ることもあるため、大事なペットを守るためにもしっかりと日ごろから熱中症対策を行うことが大事です。犬は、人間と違って汗を放出する汗腺が発達しておらず、体温を調節する手段として、口を開けて舌をだし、荒い...

ハートガードプラスでフィラリア予防!その効果とは? 2019年07月22日

ハートガードプラスは、フィラリアの予防薬の1つであり、海外ではハートガードプラスという名前で販売されてはいますが、日本国内ではカルドメックという別の商品名で販売されているので、いずれも同じ内容の商品であることを認識しておくようにしましょう。老舗のメーカーが開発しているだけあり、ハートガードプラスはフ...

ペット保険って必要なの?メリット・デメリットをご紹介 2019年12月24日

ペットが病気になってしまうと、通院や入院に費用が掛かりますが、一般的に人間と違ってペットには健康保険が適応されないため、時にはびっくりするような高額な費用が掛かってしまうこともあります。そのような場合に備えて、専用のペット保険に加入することを検討する人は多いでしょう。しかし、ペット保険への加入は本当...

狂犬病予防接種は飼い主の義務!いつからやる?費用は? 2019年11月16日

狂犬病は、発症するとその致死率が100%という非常に恐ろしい感染症です。そして、狂犬病は犬だけでなく、人間を含めた全ての哺乳類に感染する可能性がある共通の感染症であるため、飼い主は飼い犬に予防接種を必ず受けさせなければなりません。犬に対して推奨されているワクチンのなかには、すべての犬に対して義務づけ...

フィラリアやダニはオールインワン治療薬でまとめて対策できる? 2019年09月11日

フィラリアやダニなどの感染は、オールインワンの治療薬を使うことによってまとめて対策ができてしまうということをご存知でしょうか。犬の健康を脅かす日常に潜む寄生虫は多岐にわたっており、蚊が媒介するフィラリア症に加えて、布団などにひそんでいるノミやマダニ、そして犬のお腹の中に潜伏する線虫など、様々な種類が...