横になっている犬

フィラリアとは、主にペットの肺動脈や心臓に寄生する虫であり、寄生することで心臓の働きが著しく低下し、全身への血液の巡りや肺の機能が阻害されることによって全身状態外悪化し、専門の動物病院で速やかに適切な処置を施さなければ大切なペットが死に至ってしまうこともある、非常に恐ろしい病気の1つです。

恐ろしい病気ではあるものの、ペットを飼っている人の中にも正しい知識を身に付けていない人も多くいるため、未だフィラリアに感染して動物病院を受診する人はある程度いるのが現状ではあります。しかし、命を奪うこともあるフィラリアですが、正しい方法で適切に専用の予防薬を用いることで、その感染リスクを大幅に低下させることもできるのです。

それでは、フィラリアの予防薬を使用するのに適切な時期とは、一体いつなのでしょうか。そのヒントは、フィラリアの子虫であるミクロフィラリアの感染を吸血を介して媒介している蚊の生態にあります。

蚊が吸血したミクロフィラリアは、対象となるペットの体内に侵入した後、一般的には体内で脱皮を数回繰り返し、そのたびに成長し、やがて血管や肺や心臓に移行する準備を進めるのです。そして予防薬を使用することで、成長した寄生虫が血管や心臓などに寄生することを食い止めなければなりません。そのため、予防薬を使用する時期は一般に蚊が繁殖する時期から少し時間がたった時期まで使用し続けることが重要であることが知られています。

それでは、具体的には1年のうちどの時期に投薬を受けるのが効果的なのでしょうか。蚊の発生する時期は、地域やその年の気候によっても多少左右はされますが、概ね例年5月の下旬から10月の下旬ごろであると言われています。そして、蚊の発生が収まってからもペットの体内で成長するミクロフィラリアを駆除するために、その後1カ月程度は予防薬の使用を続けた方が良いという考えが一般的です。

したがって、概ね毎年5月頃から11月いっぱいまでは予防薬を適切に使用するように心がけるべきです。毎回の治療費が多少なりともかかってしまうため、半年も予防薬を使用したくないという人もいるかと思いますが、予防せずにもしフィラリアにペットが感染してしまった場合には、手術などの治療費に膨大な費用がかけてしまうことになります。そのため、時期としては長くなってしまいますが、正しく予防薬を使用することがフィラリアの対策として重要なのです。

記事一覧
フィラリアやダニはオールインワン治療薬でまとめて対策できる? 2019年09月11日

フィラリアやダニなどの感染は、オールインワンの治療薬を使うことによってまとめて対策ができてしまうということをご存知でしょうか。犬の健康を脅かす日常に潜む寄生虫は...

フィラリア予防薬のストロングハートを使うメリット・デメリット 2019年09月29日

ストロングハートは、フィラリアの予防薬の1つであり、その有効成分としてイベルメクチン及びパモ酸ピランテルという成分を含んでいます。イベルメクチンは犬糸状虫の幼虫...

フィラリア予防薬を飲ませ忘れた!これって大丈夫なの? 2019年08月24日

フィラリアの予防薬は、一般的に蚊が現れる時期から1カ月以内に飲み始めて、その後1カ月に1回の服用を繰り返し、蚊のシーズンが終わってから1か月後まで続けるべきとさ...

フィラリア予防薬のレボリューションの特徴は? 2019年08月05日

レボリューションはフィラリアの予防薬の1つです。レボリューションは1mL中に主成分であるセラメクチンという有効成分を120mg含有しており、このセラメクチンとい...

ハートガードプラスでフィラリア予防!その効果とは? 2019年07月22日

ハートガードプラスは、フィラリアの予防薬の1つであり、海外ではハートガードプラスという名前で販売されてはいますが、日本国内ではカルドメックという別の商品名で販売...